近年、テスラなど電気自動車が大きな話題になっている。電気自動車は走行するにあたり石油燃料を使用しないため環境に優しいと考えられており、中国やアメリカでは2030年以降ガソリン・ディーゼル車の新車販売を禁止する政策を打ち出してきている。

おそらく日本もこのまま無関係というわけにはいかないだろう。

電気自動車のメリット

電気自動車は重たくて大きなエンジンを排除することができるためこれまでにない大胆なデザインを採用できるし、加えて自動運転技術が発展すれば、私たちの生活における自動車のあり方は大きく変わるであろう。

このような革新的な時代が訪れることは私たちにとって歓迎すべきことではあるが、手放しで喜ぶことができないのも事実である。なぜなら我が国はガソリン自動車とともに発展してきた事実があるからである。

ガソリンエンジンのメリット

ガソリンエンジンはその複雑さによりすぐに開発することは難しく、日本は諸外国に対して圧倒的なアドバンテージを誇ってきた。国内はもちろんのこと、海外でも日本の自動車は高く評価されており、世界各国で日本の自動車は活躍している。

一方、電気自動車はバッテリーとモーターがあればすぐに作ることができ、ガソリン自動車と比較してパーツも圧倒的に少なくてすむ。例えばトランスミッションなどのパーツは一切不要になるため、これらのパーツを製作している下請け、孫請け企業などはその煽りを受け業務縮小や廃業などに追い込まれるであろう。

電気自動車考察まとめ

今後、電気自動車がガソリン自動車にとって変わっていくにつれ、日本の自動車産業は大きなダメージを受けることは間違いない。自動車産業の斜陽は日本経済に大きな影を落とす可能性があるため、楽観的な見方はできないのである。